引越しの家賃交渉でお得に物件を借りる方法【初期費用19万円安くなった実体験あり】

節約・マネーハック

 

引越しの時の初期費用が高すぎる

もっと安く引っ越せないかな?

どうやって家賃交渉すれば良いんだろう?

こんな疑問にお答えします。

 

敷金や礼金、仲介手数料など引越しの時の初期費用は何かと高くつきがちです。

しかしながら実はその多くは家賃交渉次第で大幅に下げることができるんです。

 

僕は先日、新しい物件を家賃交渉することで19万円安く借りることができました。

そこで今回はそのときの実体験を踏まえた上で、家賃交渉で初期費用が安くなる理由と具体的な方法を解説したいと思います。

これを読めば引越しの費用を抑え、お得に部屋を借りることができますよ。

引越しの時の家賃交渉で初期費用が安くなる理由

引越しの時の初期費用は交渉次第で安くすることが可能です。

その理由を説明します。ポイントは仲介業者選びが肝心という点です。

初期費用には払わなくても良い余計なものが入っていることが多いから

そもそも仲介業者が掲示する初期費用には払わなくて良いものがたくさん入っています。

部屋を借りる時には大家さんと契約するのではなく、その間に入る仲介業者を通してやりとりすることになっています。

同じ物件でも複数の仲介業者が取り扱っていて、どこの仲介業者を選んでも同じように物件を借りることができます。

出典)リベ大両学長Twitterの図より一部抜粋

 

ところがこの仲介業者の中には悪徳なとことも多く、必要のない初期費用を請求して自分たちの利益にしているところも多いのです。

例えば

  • 簡易書類作成費
  • 簡易消化器代
  • 害虫駆除費・抗菌・室内消毒
  • 安心入居サポート

などがそれに当たります。

したがって余計な初期費用を請求しない仲介業者を探すことで大幅に安く引っ越すことができます。

仲介手数料は0.5ヶ月分までしか払わなくて良いから

仲介手数料というのは物件を紹介した手数料として仲介業者が大家さんと入居者から受け取る報酬です。

手数料は通常合わせて1ヶ月分となっており、入居者からもらって良いのは0.5ヶ月分までということになっています。

ところが仲介業者の多くは不動産業の慣習から仲介手数料を家賃の1ヶ月以上請求してきます。

そういう会社をさけるだけでも初期費用を安くすることができます。

最近では仲介手数料無料のところもあるので良心的な仲介業者から借りるようにしましょう。

参考)賃貸契約時の初期費用について|公益社団法人 全日本不動産協会

大家さんに多少安くても借りて欲しいという心理が働くから

大家さん側の目線では多少安くても部屋を借りて欲しいと感じています。

たとえばあなたが不動産の大家さんだとしたら

  • 家賃は高いままだけど空室でしばらく収入は0円
  • 家賃を月に2000円安くしたけど長く住んでくれて収入が入る

どちらかだったら多少安くしても借りて欲しいと感じますよね。

 

したがって常に予約待ちの人気物件でない限りは、家賃交渉に応じてくれる可能性はあります。

仲介業者の中には大家さんに交渉すらしてくれないところもあるので、しっかりとやりとりをしてくれるところを選びましょう。

実際に引越しの時に行った家賃交渉とその手順

実際に僕は家賃交渉を行って初期費用を19万円安く物件を借りることができました。

そのときの具体的な手順について紹介します。

まずは住みたい立地の中で候補を挙げて内覧する

まずは物件を探しましょう。

街の不動産に直接行くのも良いですがSUUMOを使うのがおすすめです。

住みたいエリアと条件を設定すればそこから物件を探してくれます。

特にSUUMOのアプリでは地図をなぞって物件を選べるので、立地のイメージがつきやすくとても便利です。

 

↓地図を指でなぞる

↓エリアの中の物件を選ぶ

↓物件の詳細を見て内覧申し込み

エリアを指でなぞって選ぶだけ!

気になる物件が見つかったら内覧の申し込みをしましょう。

仲介業者の良し悪しはこの時点ではわからないと思うのでどこでも大丈夫です。

内覧で気に入った物件があっても手付金や物件の差し押さえはせずに、見積もりだけもらってその日は帰りましょう。

住みたい物件が決まったら複数の仲介会社で見積もりを出す

物件が決まったら複数の仲介会社に見積もりを出してもらいましょう。

  • SUUMOで他の仲介業者を見る
  • ネットでその地域の仲介業者を検索する
  • イエーホームズなどの他の検索サイトを利用する

いずれかの手順で他の仲介業者を探して「(目当ての物件の)見積もりをください」とメールすれば大丈夫です。

 

このときに

見積もりだけというのはだせません。

まずは内覧をお願いします。

一度当店へ来店ください。

などと言われたらその仲介業者はあまり親切ではないので他をあたりましょう。

同じ物件でも業者によって見積もりが全然違うことに驚くと思います。

安かった業者とメールで家賃交渉する

余計な初期費用が書かれていない良さげな業者を見つけたら、家賃交渉のメールを送りましょう。

 

一例ではありますが僕はこんな感じで送りました。

〇〇という物件がとても気になっております。

  • 仲介手数料無料
  • 1ヶ月間家賃無料or月々2000円引き

以上の条件でよろしければ、即決で入居させていただきたいと考えてます

お手数をおかけしますが、一度大家さんと相談いただけませんか?

 

 

その結果、当初の見積もりから初期費用を19万円以上安くすることができました。

これが最初の見積もりです。

仲介手数料は家賃の1ヶ月分以上、敷金に加え礼金まで請求されています。

 

こちらが最終的な見積もりです。

良心的な仲介業者で家賃交渉の結果、1ヶ月分の家賃は無料で仲介手数料と礼金はなしでした。

ちなみに僕が引っ越したのは3月だけど、シーズンがずれてたらもっと交渉が簡単だと思うよ

言わなきゃ損だね!

家賃交渉をする時の注意点

家賃交渉をするときには注意点がいくつかあります。

相手の気持ちを逆撫しない

相手も人間なので「安くなって当たり前」と態度に出して、むやみに気持ちを逆撫でしないようにしましょう。

 

もしあなたが大家さんだったらどちらの言うことを聞いてあげようとおもいますか?

  • A:お前の家に住んでやるから家賃安くしろ。
  • B:もし安くしていただけるなら入居させて欲しいです。

同じことを言っていてもBさんに住んで欲しいですよね。

 

直接やりとりをするのは仲介業者ですが心象も全然違います。

あくまでも交渉なので相手の機嫌を損ねるのは悪手。下手に出てお願いしましょう。

相手をうまく取り入れよう

内覧のときに手付金や申し込みを入れない

気に入った物件があったとしても内覧のときは手付金や申し込みをいれず、見積もりを出してもらうだけにしましょう。

 

人気物件なのですぐに申しこまないとうまってしまいますよ。

とりあえず手付金だけ入れてもらえたら差し押さえします。あとでお金はお返ししますので。

などと言われるかもしれませんが全部無視でOKです。

 

「あとで連絡いたします。」とだけ伝えて他の業者で相見積もりを出しましょう。

やりとりは全てメールで行う

内覧の申し込みから家賃交渉まで、仲介業者とのやりとりはすべてメールでしましょう。

  • 契約後に条件が違ってた
  • あとから変な請求をされた

こういったトラブルを防ぐためにもメールで記録として残して置きましょう。

引越しの家賃交渉でお得に物件を借りる方法まとめ

今回は引越しの家賃交渉で初期費用が安くなる理由とその方法、手順を具体的にお話ししました。

まとめると

  • 仲介業者をしっかり選んでぼったくりを防ぐ
  • 大家さんと家賃交渉をして初期費用をなるべく安くしてもらう

知識武装をして引越しに挑むことで10万円以上安くすることができます。

僕の実体験がこれから引っ越しをする時の参考になればうれしいです。

 

退去費用についても高額な退去費用にご注意!【メールのやりとりで13万円下げた方法】に詳細を書いているのでこれから引っ越しを予定している方はご覧ください。

 

また今住んでいる家賃を下げたい方にはこちらの本を参考にしてみてください。

引越しのときの家賃交渉にも役立つ情報が満載です。

あの両学長もお勧めしていた本なのでぜひ読んでみてください。

 

 

今回の情報についてはこちらのブログと動画を参考にしました。とても感謝です。

勉強になるのでぜひ見てみてください。

 

NPO法人の賃貸トラブルたすけ隊「家賃交渉の極意!押さえるポイントと具体的な事例

第135回【10万円以上安くできる】賃貸物件をお得に借りるテクニックまとめ【保存版】【お金の勉強 初級編】

 

関連記事

教科書は捨てるな!医学書・専門書のおすすめ買取方法【体験レビューあり】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました